1歳になる赤ちゃんのお腹がパンパンに出てる!ガスでぽっこりしてるの?

こんにちは、ワクワクさんです。

赤ちゃんって多少はお腹がぽっこりしていますが、

1歳を過ぎてもパンパンって変なの?

と疑問に思っているママさんも少なくありません。

もしかしてうちは食べさせすぎなの? とか、
何かの病気なの? という風に心配しています。

そこで、今回は赤ちゃんのお腹がパンパンに出てる
原因として考えられることについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんのお腹がパンパンに出てる原因はガス?

1歳になる赤ちゃんのお腹がぽっこり出ている場合に
考えられる原因についてご紹介していきます。

1,腹筋が弱い

赤ちゃんのお腹がぽっこりと出ている理由は
腹筋がまだ未発達で弱いので
お腹いっぱいに食べると胃袋が膨らんでいるので
さらにパンパンに張っているように見えます。

俗にいう幼児体系ですので、
特に心配はありません。
成長すると目立たなくなっていきます。

2,ガスがたまっている

赤ちゃんがうまくゲップやおならを出来ないと、
お腹にガスがたまって苦しそうにすることがあります。

ガスがたまっている場合にはマッサージや
抱っこをしてあげることゲップ 「グォッ」 と出してくれますし、
肛門に綿棒でベビーオイルを塗ったり、
軽く刺激してあげると便秘改善にも良いです。

3,他の赤ちゃんも見てみる

同じくらいの他の赤ちゃんのお腹も見てみるのもおすすめです。
服を着ているとお腹の膨らみ具合は分かりづらいので
一度お願いして見せてもらうのも良いでしょう。

4,医療機関で質問してみる

どうしても心配な場合は、市区町村の保健師や、
検診の時に質問してみたり、
病院で直接聞いてみたりすることがおすすめです。

赤ちゃんに異変がある場合はやはりすぐに
医療機関で診てもらようにするのが安心です。

まとめ

赤ちゃんのお腹がぽっこりと出ているのは、
腹筋がまだ発達していないからなんですね。

筋肉が発達してくると、自然とお腹もスッキリと
してくるものなので焦らずに見守っていきましょう。

ただ、お腹にガスがたまっている場合には、
マッサージをしたり、刺激をしてあげることで
ガス抜きをしてあげるようにして下さい。

それでも心配な場合や異変を感じる場合は、
一度病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事