腹筋がつる2つの原因!筋肉がつった時の対処法とは?

どうも、ワクワクさんです。

「たるんだお腹を鍛えようと思ったら、
腹筋がつってしまったんです(^_^;)」

ということで、運動不足を解消しようと思ったまでは
良いのですがいざ体を動かしてみると
筋肉がつってしまうということは多いですよね(笑)

ですが、どうして筋肉はつるのでしょうか?
また筋肉がつった時はどう対処すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

腹筋の筋肉がつる体験談

社会人になってからというものめっきり
体を動かす機会が減ってしまったわたし・・・

そこで、運動不足を解消しようと、
腕立て伏せや腹筋などをしようと思い
早速やってみたのですが、
いきなり腹筋がつってしまい
動くことも声を出すこともできなくなり
治るまでその場でうずくまってしまいました(^_^;)

「まさか、こんな衰えていたなんて…」

かなりショックでしたが、
つった後しばらく痛みが消えず大変でした(笑)

それから体を動かす時はつるのが怖く
かなり慎重に動かすようにしているので
今のところつってしまうことはなくなりました。

腹筋がつる原因とは?

腹筋がつる原因として考えられるものをご紹介していきます。

1,筋肉疲労

筋肉がつってしまう原因として多いのが
筋肉疲労によるものです。

筋肉が疲労すると筋肉の中に
疲労物質がたまります。
そのたまっていた疲労物質が筋肉が
動かされることによって急に流れると
「つる」という症状が起こります。

2,ミネラル・水分不足

体の中の栄養バランスの崩れも
筋肉がつる原因となります。

特にミネラルと水分不足は大きな影響があります。

というのもこれらが不足してしまうと、
筋肉の代謝が正常に機能しなくなり
神経過敏の状態になってしまうからです。

筋肉がつった時の対処法!

筋肉がつってしまった時はどのように
対処していけば良いのでしょうか?

まず、筋肉がついっている真っ最中という場合は
つっている部分をいろいろと動かしたり
伸ばしてみたりするようにします。

また、筋肉がつらないためにできる対策としては
ミネラルをしっかりと補給し、
筋肉疲労を取り除くということですが、
最も手軽にできるミネラル補給の方法は
「塩」を舐めるということです。
(※天然塩に限ります。)

天然塩にはミネラルが含まれているので
少量を舐めるだけでミネラル補給をすることができます。

まとめ

今回は腹筋がつる原因や筋肉がつった時の
対処法についてご紹介しました。

普段から体を動かすことはできれば
行いたいところですが、
そうは言ってもなかなか出来ないという方も
多いのではないでしょうか?

それだけに、ミネラルを補給したり、
筋肉疲労を残さない生活を送ることが大切ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする