胃に熱い感じがするし吐き気もある!これって病気が原因なの?

どうも、ワクワクさんです。

なんだか最近胃に熱い感じがして吐き気があるんです…

これって何かの病気が原因なのでしょうか?

ということで、胃に熱い感じがして
気になって仕方なくなってしまっている方も
少くないみたいなので、
今回は、胃が熱い場合に考えられる
原因についてご紹介して行きたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

胃に熱い感じがする原因

「胃が熱い…」

どうして胃が熱くなるのでしょうか?
胃が熱くなる原因は「胃熱」と呼ばれるものが原因です。

胃熱は名前の通り胃が熱を放出してしまい、
その熱が胃にたまっている状態のことを言います。

では、どうして胃が熱を放出してしまうのでしょうか?
それは、

  • 暴飲暴食
  • 飲酒・喫煙
  • ストレス
  • 不規則な生活習慣

など胃に負担がかかってしまった場合に
胃熱が発生しやすくなります。

胃熱の予防法

胃熱が発生すると、

  • 胃のむかつき・吐き気
  • 焼けるような感じがする
  • 喉が乾く

このような症状が起こってしまうので
不快感を感じてしまうようになります。

では、どうすれば胃熱が発生することを
予防することができるのでしょうか?

胃熱を予防するためには胃に負担を
かけ過ぎないことが大切です。
ですから、

  • 暴飲暴食を避ける
  • よく噛んで食べる
  • 規則正しい生活を心がける
  • ストレスをためない

このような事に気をつけると良いです。

胃熱で考えられる病気とは?

胃が熱いと感じた場合にはもしかしたら
病気が原因かもしれません。

1,胃酸過多症

食べ物を消化する際に分泌される胃酸の
量が多量になってしまう病気を
「胃酸過多症」といいます。

  • 胸焼け
  • げっぷ
  • 口臭
  • 吐き気

胃酸過多症ではこのような症状が起こります。

また、胃酸過多症が起こる原因には、

  1. 自律神経の乱れ
  2. 高ガストリン血症

と大きく2つの原因が考えられます。

2,胃炎・胃潰瘍

  • 胃の痛みや不快感
  • 吐き気・嘔吐
  • 食欲不振

このような症状がある場合には胃炎や胃潰瘍の
可能性が考えられます。

胃を刺激しすぎてしまうと胃が傷つき
胃炎や胃潰瘍ができるのですが、
もし、胃炎や胃潰瘍の可能性がある場合には
内科や消化器科で検査をしてもらった方が良いでしょう。

まとめ

胃に熱い感じがするような場合に考えられる
原因についてご紹介しました。

胃に負担がかかったりすると胃は興奮状態になり熱を放出します。

なので、胃を刺激してしまうような辛い食べ物や
熱すぎる・冷たすぎる食べ物などを食べる際には
程々にすることが大切ですし、
またストレスや不規則な生活習慣を改善することも大切です。

また、病気が原因で胃熱が起こっている可能性も
否定することができないので、
もし心配な場合は病院で検査をすると安心だとおもいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事