胃にたまった空気の抜き方とは?苦しくて吐き気が…

どうも、ワクワクさんです。

胃に空気がたまって苦しくて吐き気がするんです…
どうしたら胃にたまった空気を抜くことができるでしょうか?

この方のように、胃に空気がたまってしまい
不快感を感じている方も多いみたいです。

そこで、今回は胃にたまった空気の抜き方など
についてご紹介して行きたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

胃に空気がたまって苦しくて吐き気が出た体験談

2週間ほど前から胃に空気がたまって
苦しい感じがしてヒドイと吐き気が出ます。

「もしかして胃潰瘍??」と思って
病院で診てもらいましたが特に異常は
見つかりませんでした。

しかし、この胃に空気がたまる症状は改善されず
「どうしてだろう??」といろいろと調べていたところ、
ストレスによって胃腸の働きが低下してしまっている
可能性があるということを突き止めました。

確かに丁度空気が溜まり始めた頃は
環境に大きな変化があり何かとストレスが
たまりやすい時期だったので
ひとり勝手に納得してしまったのですが、
ストレスを解消すると良くなってきました。

それから、胃にたまった空気を抜く方法が
あるのでそちらも実践しました。

胃にたまった空気の抜き方

胃腸の働きが低下すると空気がたまってしまう
というような症状が起こる場合がありますが、
そうした場合には胃にたまっている空気を
抜いてあげることで症状を緩和させることが大切です。

では、どのようにすれば胃の空気を抜けるかについてご紹介します。

1,空気抜きストレッチをする

  • 肩を上下に動かす
  • 腕を前後左右に動かす
  • 寝姿勢で両膝を胸に引き寄せ10秒間キープする
  • ゴロゴロと寝返りを左右に繰り返す

このようなストレッチをすると、
胃腸のぜん動運動を促進することができるので
体の中にたまっている空気(ガス)が抜けやすくなります。

ちなみに、胃の空気が抜けやすくなるだけでなく
便秘改善や体の不調の改善にも効果があります。

2,体に空気をたまりにくくする

  • 早食いをしない
  • ストレスをためない
  • 体を冷やさない

このようなことに気をつけると
体の中に空気がたまりにくくなります。

まとめ

胃に空気がたまっていると感じる場合には
ガス抜きストレッチをするのが効果的です。

こうしたガス抜きストレッチを毎日続けるだけで
体の中に空気がたまりにくくなります。

また、体の中に空気がたまりにくくするために
ストレス対策や冷え対策などをするのも良いとおもいます。

ただ、なかなか空気が抜けない場合には
呑気症などの可能性もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする