胃から臭う口臭がキツイ!胃の匂いを消す方法はある?

どうも、ワクワクさんです。

胃から臭う口臭がキツイんですが、
胃の匂いを消す方法はありませんか?

このような質問をされることも少くありません。

口臭が気になるという場合には口臭の原因を
突き止めて対処することが大切ですが、
胃が原因となっている場合にはどうすれば良いのでしょうか?

ということで、今回は胃から臭う口臭について
いろいろとご紹介して行きたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

胃から臭う口臭がキツイ原因

口臭が発生する原因は大きく4つあります。

  1. 口の中の問題(食べかすなど)
  2. 食事や嗜好品(タバコ、にんにくなど)
  3. 虫歯や歯槽膿漏
  4. 胃腸の問題

ということで、1~3までに当てはまらないにも
関わらず口臭がするという場合には
4の胃腸の問題である可能性が高いのですね。

ですが、どうして胃腸に問題があると口臭が
キツくなってしまうのでしょうか?

それは、胃腸に異常が起こってしまった際に
食べ物の消化不良が起こってしまうからなんです。

胃腸で消化不良が起こしてしまうと、
胃腸内に食べ物が残っている状態となり
そこから悪臭のするガスが発生してしまいます。

ただし、仮にこのようなガスが胃の中で
発生したとしても胃と食道には弁が付いて
食べ物やガスが口の方に逆流することはないので、
胃で発生したガスがそのまま口臭に
なってしまうことはありません。

では、どこから口臭となってしまうのでしょうか?

胃で発生したガスは血液中に吸収され全身に流れていきますが、
肺にたどりつくと、そこで気化されます。
つまり、これが口臭の原因なんですね。

胃から直接ニオイが逆流することはないけれども
血液中に臭いガスが吸収されると体を巡った後
呼気に入り込んでしまうというわけです。

胃の匂いを消す方法

さて、胃が原因で口臭が起こるメカニズムについて
ご紹介したので、勘が良い人はもう胃のニオイを
消す方法がある程度分かってしまったかもしれませんね。

そうです、ずばり胃腸に負担をかけなければ
胃腸から発生してしまう口臭を減らすことが可能です。

繰り返しになりますが、
胃から来る口臭は消化不良が起こっている
ことが原因で引き起こされています。

ですから、胃腸の働きを高め食べ物を
しっかりと消化できるようにすれば
胃腸から口臭が発生することはありません。

では、どのような点に気をつければ良いのか
いくつか具体例を上げてみたいと思います。

  • よく噛んで食べる&食べ過ぎない
  • ヨーグルトや牛乳を取る(整腸作用がある)
  • 朝食を取る
  • 野菜を食べる
  • 規則正しい生活をする
  • ストレスや疲れをためない
  • 水を多めに飲む

このような事に気をつけるだけで
胃から来る口臭がかなり減るはずです。

まとめ

今回は胃から臭う口臭についていろいろと
ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

歯磨きを何回もしているのに口臭が
全然良くならないというような場合には
胃腸で食べ物が消化不良を起こしている事が
原因で口臭が発生してしまっている可能性が
考えられるわけですが、
そうした場合には食べ物をしっかり消化できるように
胃腸への負担を減らしたり、働きを高めることで
結果的に口臭の発生を防ぐことができます。

胃が原因で口臭が起こっていると感じる場合は
ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする