胃が消化する時間はどれくらい?消化を早める方法はある?

どうも、ワクワクさんです。

食べることが嫌いな人は少ないと思いますが、
食べたものを胃がどれくらいで消化をしているか
気になったことがある人はもっと少いかもしれません。

しかし、このようなニッチな疑問を
持っている方もきっといるはずなので
今回は、胃が消化する時間や消化を早める方法について
ご紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

胃が消化する時間はどれくらい?

私達は食べ物や飲み物を摂取し、
それらを消化吸収することによって栄養分を
吸収して生命を維持しています。

その消化吸収に欠かせない働きをしているのが
「胃」なのですが、この「胃」は
どれくらいの時間をかけて消化吸収を行っているのでしょうか?

ということで、簡単に胃が消化吸収する
時間をまとめてみたいと思います。

  • 炭水化物・・・2~3時間
  • 野菜・・・2~3時間
  • 果物・・・1~2時間
  • タンパク質・・・4~5時間
  • 脂肪・・・7~8時間
  • 水・・・15分

いかがでしょうか?
種類によって胃が消化吸収するまでの時間には
かなり大きな差があることが分かりますよね。

特に脂肪は消化吸収にかかる時間が長いですが、
言い換えるとそれだけ胃に大きな負担を
かけてしまうということになります。
つまり、脂肪を摂り過ぎてしまうと
胃に大きな負担をかけてしまうので健康に気を遣う場合は、
脂肪を摂り過ぎないようにすることが大切です。

消化を早める方法

さて、消化吸収のスピードが遅くなってしまうと
胃もたれが起きたり、消化不良が起こり
腐敗ガスが発生してしまったりなど
悪影響が起こりやすくなる原因になってしまいます。

ですから、胃腸の働きを高め消化を良くすることは
実は健康な毎日のためにとても大切なことなんですね。

では、具体的にどのようなことが
消化を早めることにつながるのでしょうか?

  • 食後は体の右側を下にして横になる
  • 消化吸収が遅いものを摂り過ぎない
  • よく噛んで食べるようにする
  • 暴飲暴食をしない
  • 体を冷やさない
  • 食後すぐに風呂に入らない

このような事を守ると胃の消化の働きを
高めることができます。

また、寝る3時間前には食事を済ませておくと良いです。
これは、睡眠中は食べ物の栄養素が代謝されないことや、
睡眠中も胃が働いてしまうことで眠りが浅くなるなどの
デメリットが起こってしまうからです。

まとめ

今回は胃が消化するまでにかかる時間という
かなりニッチな疑問についてご紹介しました。

なかなか普通に暮らしていると興味を
抱かなそうなことですが、
どれくらいで消化されているのかを知ることで
生活習慣を見直すきっかけにもなり
より健康的な毎日を送れるようになるはずです。

ということで、ぜひ胃が消化する時間を
逆算して日々の生活を送ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事