下腹部が痙攣する原因とは?妊娠中の女性は注意が必要?

どうも、ワクワクさんです。

「下腹部が痙攣するのですが、
何かの前兆なのでしょうか?」

ということで、この方のように下腹部が
ピクピクと痙攣して不安になっている方も
少くないようです。

そこで、今回は下腹部が痙攣する場合に
考えらる原因についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

下腹部が痙攣した体験談

最近、時々下腹部のあたりがピクピクと
痙攣を起こすこようになってしまいました。

1日に何度も起きてしまうので、
かなり気になるようになって
「もしかしたら何かの病気の兆候??」
と疑ってみたり…

でも、原因がはっきりしないことには
なんともならないと思ったので
思い切って病院に行って相談することに。

で、そこで恐らく原因だろうといわれたのは
「線維束性収縮(せんいそくせいしゅうしゅく)」です。
健康な人でもこのような筋肉の痙攣は起こり、
疲労やストレスなどが原因となっているそうです。

下腹部が痙攣する原因

下腹部が痙攣する場合に考えられる
原因についてご紹介していきます。

1,線維束性収縮

筋肉がピクピクと痙攣を繰り返す症状を
線維束性収縮といいますが、
この線維束性収縮は良性のものであれば、
単に生理的な理由が原因で起こります。

例えば、

  • 疲労
  • 睡眠不足
  • ストレス

などがあるだけでも起こる可能性があります。

線維束性収縮が起こっている場合は、
体をしっかりと休めてあげることで
改善される可能性が高いです。

2,消化器の蠕動運動

消化器の蠕動運動が原因で下腹部が
痙攣を起こしていると感じる場合もあります。

例えば、大腸が正常に機能していない場合です。
副交感神経優位の状態が強くなると
大腸の蠕動運動がとても細かく行われ
まるで痙攣しているかのようなものになります。

また、大腸の蠕動運動が細かくなると、
十分に水分を吸収することができないため
下痢になってしまいます。

下腹部が痙攣して下痢気味という場合には
消化器の蠕動運動が上手く機能していない
という可能性が考えられます。

3,過敏性腸症候群

便秘が続いたり、お腹にガスが溜まった感じがする
などの症状を感じていませんか?

そのような症状があるばあいには
過敏性腸症候群の可能性があります。

過敏性腸症候群は検査しても異常は見つかりませんが、
本人には様々な自覚症状が起こります。

過敏性腸症候群はストレスが原因なので、
ストレスをためこまないように注意しましょう。

妊娠中の女性は注意が必要?

さて、下腹部が痙攣する原因について
いろいろご紹介してきましたが、
妊娠中の方は下腹部の痙攣が起こると
いろいろと不安になってしまうと思います。

しかし、妊娠中に下腹部が痙攣したからといって
想像してしまうようなことが原因である
可能性は非常に少ないのです。

というのも、出血やおりもの、
お腹の痛みなどの症状がない限りは
あまり心配いらないという認識が一般的だからです。

逆に言うと上記のような症状があるばあいには
病院に行って検査をしてもらった方が良いでしょう。

まとめ:伝えたいこと

下腹部がピクピク痙攣する原因について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

下腹部が痙攣しているだけであれば
そこまで心配する必要もないかなと思いますが、
他に腹痛や筋肉の萎縮などのような
症状が見られる場合には病院に行くことをおすすめします。

少しでも「おかしいな?」とか「変だな?」と
感じるようであれば病院で検査を
してみることを検討した方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする