【カラオケ】声の抑揚の付け方!抑揚の採点をアップさせるコツとは?

こんにちは、ワクワクさんです。

カラオケで歌うからには上手いって言われたいし、
できれば高得点を取りたいですよね?

今のカラオケの機械は採点が精密になっているので、
音程やビブラート、しゃくりなどの
いろいろな採点基準を意識しながら
歌わないと高得点が取れなくなっているので
苦戦しているという方も多いみたいです。

ただ、音程やビブラートなどはとりあえず
画面に表示されて合っているかどうか
目で確認することができるので修正しやすいのですが、
どのように採点されているかわかりづらいのが「抑揚」です。

そこで、今回は採点アップさせるためには欠かせない
「抑揚」の付け方についてご紹介したいと思います。

声の「抑揚」って何?

「声に抑揚をつける」というフレーズは
耳にすることも多いと思いますが、
「声の抑揚」とは一体何なのでしょうか?

抑揚をカンタンに説明すると、
声に表情をつけるということになります。

例えば、ずーっと同じ音程と声量で歌ったとすると
まるで機械が棒読みをしているかのような
声に表情がない無機質な雰囲気になりますが、
一方で感情を込めて声の声量を変えたり、
声質を変えて歌った場合だと
歌い手の気持ちが伝わってくるような
人間味あふれる歌声になりますよね?

つまり、声に抑揚をつけられるようになれば
自分の感情を歌声にのせて人に
届けることができるようになるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラオケで抑揚の採点をアップさせる抑揚の付け方

さて、抑揚について説明しましたが、
実はカラオケで採点されている抑揚というのは
先ほどご紹介したような声に表情をつける抑揚とは
少し違ったものになっているようです。

というのも、
カラオケで採点されている抑揚は
Aメロの部分とサビ部分の声の大きさを
単純に比較したものだからなのです。

いいかえると、カラオケでは
サビ以外の部分を少し小さめに歌って、
サビでは声を大きくして歌えば、
抑揚の採点をアップさせる事が出来るので、
抑揚の採点が低いという場合には、
Aメロを小さく、サビを大きな声で歌うようにすれば
抑揚の採点を高くすることができます。

カラオケの抑揚の点数=抑揚のうまさではない

さて、カラオケの抑揚は単純に声の大小を
比べた時の大きさになっている
ということについてご説明しました。

つまり、カラオケで採点されている抑揚というのは
あくまでもカラオケマシーンの採点基準の1つとしての
抑揚でしかないといえるとおもいます。

ですので、カラオケで抑揚の点数が高いからといって
本当に抑揚がうまいかといえばそれは
イコールにはならないということなのです。

では、どうすれば「抑揚のつけ方」を
上達させることができるのでしょうか?

抑揚は言葉で説明するのがとても難しいことですので、
実際に歌が上手い人の抑揚のつけ方を聞いてみて、
自分で練習をして抑揚のつけ方をレベルアップ
させていくしかないのかもしれません。

ないのかもしれませんが、
抑揚のつけ方が上手くなれば、
別人の人が歌っていると思われるくらいに
歌も上手くなりますので、
本気で取り組んでみると面白いと思います。

まとめ

今回はカラオケの抑揚の採点アップをさせるための
抑揚のつけ方などについてご紹介しました。

カラオケでは残念ですがいくら感情を込めて
歌ったとしても音程がずれていたりすると
高得点を取ることは絶対に出来ませんので、
カラオケで高得点を取りたいのであれば、
カラオケマシーンがどのような採点方法を
しているのかを理解した上で、
その採点方法に合わせた歌い方をすることが
高得点を取るためには大切です。

ちなみに、声の大小をつけるのが難しいという場合は
マイクの距離を調節することでも擬似抑揚を
つけることができます。

Aメロではマイクを少し離して歌い、
サビではマイクを近づけて歌えば
抑揚をつけることも可能ですので
テクニックとして使ってみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事