声がこもる原因と治し方!通る声と通らない声の違いとは?

どうも、ワクワクさんです。

「こもって通らない声をクリアに通る声に
変えたいのですがどうすれば良いのでしょうか?」

このように自分の声について
悩んでいる方も多いみたいです。

確かに、「声」というのは人それぞれ個性がありますが、
声がこもってしまっていると相手から、
「今なんて言った?」と聞き返されてしまったり、
自分は声を出しているつもりでも、
「全然声が出ていないね」と言われてしまい
嫌な気分になってしまったりということも起こってしまいます。

そこで、今回はそうならないために、
声がこもる原因や治し方について
いろいろとご紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

通る声と通らない声の違いとは?

声が通る人は、多少離れていたとしても
しっかりその声が耳に入ってきますが、
声がこもって通らないばあいは、
近くにいても聞き取りにくいという事があります。

ですが、どうしてここまで声に違いが起こってしまうのでしょうか?

それについて、考えていきたいのですが、
まず通る声にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

◯特徴1「声自体が大きい」

音は空気が振動することで伝わりますが、
この振動が大きければ大きな声になります。

つまり、そもそもたくさんの振動を出せる
声帯の持ち主であれば声そのものが大きいので
よく通る声になるといえます。

◯特徴2「響く声」

キンキン響いてくるような声だったり、
オペラ歌手のような広いホールでも響き渡る声というのは、
声に含まれている余分なノイズが少なく、
エネルギーロスが小さいためよく通る声となります。

言い換えると、こもって通らない声というのは
声に余分なノイズが多く含まれていて
声のエネルギーロスが大きくなってしまっている
可能性が考えられるます。

◯特徴3「特徴的な声」

「あの声がなんとなく頭から離れない」
というような特徴的な声というのも
よく通る声の特徴といえます。

例えば、電車のアナウンスのように
少し鼻にかかったような声だったり、
声優さんのようなアニメ声だったりというように
人の耳に残りやすい声というのは
通る声に分類することができます。

こもる声の原因と治し方

通る声と通らない声の違いについて
いろいろとご紹介してみましたが、
こもって通らない声になってしまう原因としては、

  • 声自体が小さい
  • 滑舌が悪い
  • 声の余分なノイズが多い
  • 特徴が掴みづらい声 など

このような原因が考えられます。

ですので、もし今あなたが通らない声で
悩んでいるのであれば、
自分に当てはまる原因をチェックして
それを改善できるようにボイストレーニングを
することがクリアな通る声になる近道となります。

例えば、声自体が小さいというのが原因であれば、
毎日大きな声を出す練習をすると良いですし、
滑舌が悪いのであれば、舌を動かすトレーニングをすれば
クリアな通る声に近づけていくことができるでしょう。

また、自分が聞き取りやすいと感じる声を
マネしてみるというのも1つの方法です。
通る声の発声方法をカンタンに身に付やすいので
オススメの方法となります。

まとめ

今回は声がこもる原因や対処法について
ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

声は私たちが自分の意思を相手に伝えるために
欠かせない道具のようなものなので、
声の通りが良くなれば、より効果的に
自分の意思を他人に伝えられるようになるかもしれません。

もちろん多少トレーニングをしないと
クリアな声を手に入れることは難しいかもしれませんが、
トレーニングすればより通る声を手に入れることができるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする