【男女共通】声を高くする方法3つ!カラオケのボイトレにも!

こんにちは、ワクワクさんです。

「もっと高い声が出せたらカラオケで
声が裏返らないで歌えるのに…」

そんなふうに悩んでいませんか?

だとしたら、今回ご紹介する声を高くする方法を
ぜひ参考にしてみてください。

高い声を出す感覚が掴めるようになれば
自然と無理なく出せる音域を
広げていくことができるようになるんですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【男女共通】声を高くする方法

声を高くするにはどうすれば良いのでしょうか?
今回は声を高くするための方法を
順番にご紹介していきたいとおもいます。

ステップ1:奥歯を離して声を出す

まず奥歯がくっつかないようにして声を出してみましょう。

そして、顎や喉はもちろん全身の力を抜いて
リラックスした状態で声を出すように意識してみてください。

この状態で発声するのが喉を痛めずキレイな声を
出すためにとても大切です。

ステップ2:鼻腔共鳴をマスターする

高い声を出せない人によくありがちなのが
無理して絞りだすように高い声を出そうとしてしまう事です。

高い声は決して無理して出そうとするものではなく、
自然にそして響かせるようにして出すと上手くいきます。

ではどのようにして響かせれば良いのかというと、
「鼻腔共鳴」という方法を使います。

鼻腔共鳴と言われても何のことだか分からない
という方も多いと思いますが、
カンタンに鼻腔共鳴させる感覚を掴む方法があるので
まずはその方法を実践してみましょう。

  1. 両手で覆うように鼻と口を抑えます
  2. 鼻の上部に音を飛ばすイメージで声を出しましょう
  3. 鼻の上部で振動するような感じがしたらより振動させられるようにしていきましょう

この方法で声を出すと、出せる音域が
広くなったのが分かると思います。
普通だと自分が出せていない高い音域の声も
自然に出せていると驚いてしまうかもしれませんが、
その音域の声を出した時のイメージは
しっかりと覚えておきましょう。

そして、手を離した時にそのイメージで
高い音域の声を出す練習をすると
上手く高い声が出せるようになります。

ステップ3:腹式呼吸をマスターする

音の重心を強くするためには腹式呼吸で
声をだすことが大切です。

音が安定しないと悩んでいる場合は
腹式呼吸が上手くできていない可能性があります。

では、腹式呼吸はどうすればマスターできるのかというと
仰向けに寝た状態で声を出すと理解しやすいです。

仰向けに寝ていると自然と腹式呼吸の状態になるので、
その状態で声を出すと腹式呼吸で発声する感覚を
自然と身につけられます。

最終的には立った状態で腹式呼吸による
発声ができるように練習していきましょう。

まとめ

今回は高い声を出す方法についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

高い声をキレイに出せるようになるためには
声を響かせる感じや、腹式呼吸などの感覚を
体に覚えさせることが大切です。

始めは上手く高い声を出せないかもしれませんが、
練習を重ねていくと必ず上達していきますし、
喉も鍛えられて高い声を出す感覚を掴むことができるはずなので、
ぜひ根気強く練習を続けてみてください^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする