新生児の下顎や頭、こめかみのへこみの原因とは?

こんにちは、ワクワクさんです。

「赤ちゃんの下顎が引っ込んでいるんです」
「新生児の頭やこめかみがへこんでいます」

このように赤ちゃんの頭や下顎といった
ところがへこんでいて気になっている
方も多いようですね。

そこで、今回は新生児の頭や下顎にへこみが
生じている原因についてご紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新生児の頭やこめかみのへこみの原因

赤ちゃんの頭やこめかみにへこみが出来ていると
「大丈夫かしら?」と不安になってしまう
ママさんも多いかもしれません。

ですが、赤ちゃんの頭やこめかみが
へこんでしまうのは普通のことなんですよ。

というのも赤ちゃんの頭蓋骨はまだ未発達なので
大人のような強度ではなく非常に柔らかく
そして骨同士がしっかりとくっついていないので
へこんでいる部分が出来てしまうのです。

赤ちゃんの頭頂部には「大泉門」、
後頭部には「小泉門」というへこみが
必ずと言っていいほどあるのですが、
これらのへこみがあるのにはちゃんとした理由があるんです。

それは、産道を通って出てくる際に、
赤ちゃんの頭は押し潰される形になりますが、
その圧力を吸収し脳などに影響が
出てしまわないようにするために
あえてへこみがあるというわけなのです。

つまり、赤ちゃんの頭やこめかみの部分が
へこんでいるのはとても正常なことなので
そこまで心配する必要はありません。

そして、これらのへこみは個人差がありますが、
成長していくにつれて自然となくなっていきます。

新生児の下顎のへこみの原因

さて、先程は赤ちゃんの頭やこめかみが
へこんでいる時の原因について
ご紹介しましたが、続いては、
下顎のへこみの原因についてご紹介したいと思います。

先程もいいましたが、赤ちゃんの骨は
まだまだ未発達な状態なので、
下顎の骨も当然未発達な状態となっており
へこんで見える場合があります。

ですが、これも成長するにつれて、
硬いものも食べられるようになってくると
顎が発達しバランスが取れてくるので
不安に思い過ぎる必要はありません。

赤ちゃんの骨のバランスには注意しましょう

赤ちゃんの頭やこめかみ、下顎がへこんでいるのは
普通のことといえるので、特に問題はないのですが、
へこみができているということは骨が未発達ということなので、
赤ちゃんの姿勢によっては骨が歪んでしまう
可能性も高いということがいえます。

例えば、

  • 毎日同じ向きに寝かせている
  • 首の向きが毎回同じ

などのように、同じ方向だけに負荷がかかるような
場合には骨が歪んだまま発達していってしまう
可能性があるので左右のバランスが取れるように
姿勢をつくってあげるようにしましょう。

まとめ

今回は赤ちゃんの頭やこめかみ、下顎が
へこんでいる原因についてご紹介しました。

産道を通って出てくる際に頭が圧迫されて
脳に影響が出てしまわないように
赤ちゃんの骨は柔らかくそして、
圧迫を吸収することができるようになっていて、
それがへこみとして見えているということなんですね。

ただ、あまりにもへこんでいるといような
場合には一度病院で診てもらうようにすると
良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事