赤ちゃんの顔や体、頬の肌荒れは病院に行くべき?対処法は?

こんにちは、ワクワクさんです。

赤ちゃんの肌ってプルプルでしっとりしているイメージが
ありますが、実は結構肌荒れを起こしやすいみたいです。

免疫力がまだ十分でない赤ちゃんが肌荒れを
起こしていると心配になってしまうママさんも
多いと思いますが、今回は赤ちゃんが肌荒れを
起こしている時の対処法についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



赤ちゃんの肌荒れの原因や対処法は?

赤ちゃんが肌荒れを起こす原因はいくつかあります。

1,肌質の変化

赤ちゃんは生後4ヶ月までと4ヶ月以降では、
肌質がかなり変化しています。

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はしっとりうるうるで、
皮脂がたくさん分泌されているので乾燥しないので
肌荒れを起こしにくい理想的なお肌になっています。

しかし、生後4ヶ月後以降は皮脂の分泌量が減ってくるので、
肌が乾燥しやすくなり肌荒れを起こしてしまいのです。

2,便秘

赤ちゃんが便秘気味になっていませんか?

もしかすると、便が詰まっている事が肌荒れの
原因になってしまっているかもしれません。
腸の働きが悪くなると、代謝が落ちて、
古い角質や皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。

赤ちゃんの食欲がなかったりする場合は、
少しマッサージするなどしてみましょう。

3,よだれ

赤ちゃんはよだれを結構たらしてしまいます。

そのよだれは肌の潤いを守るために必要な皮脂を
奪い去ってしまうため、肌が乾燥しやすくなり、
肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

よだれを垂らしている場合は、
よだれが肌につかないようにしてあげましょう。

4,あせ

夏場の暑い時期は赤ちゃんにとっては過酷な季節。

特に汗をたくさんかいてそのままにしてしまうと、
「あせも」 が出来てしまう事も。

赤ちゃんが汗をかいていたら優しく拭きとって
体を清潔に洗ってあげるようにしましょう。

ちなみに、冬も暖かい服を着せていると汗を
たくさんかく事もあるので注意が必要です。

5,母乳

赤ちゃんの栄養源となっているお母さんの母乳。
この母乳の栄養素が不足してしまっていると、
赤ちゃんに必要な栄養が不足してしまいます。

栄養が不足すると肌の細胞が作り出せなくなるので、
肌荒れを起こしてしまう事になります。

なので、母乳を与えているお母さんの食生活にも
問題がないか一度確認してみてください。

赤ちゃんの肌荒れは病院に行くべき?

赤ちゃんの肌荒れの原因はご紹介したようにたくさんあります。

なので、病院に行って原因をはっきりとさせた方が安心です。
例えば、飼っているペットが原因だと分かったら、
なるべく遠ざけるなどの配慮が必要になります。

ただ、複数の病院に通うとなると、病院ごとに治療法が
違っていて混乱してしまうという可能性もあります。
赤ちゃんの肌荒れを原因はたくさんあるため、
その病院の判断によって治療法が大きく変わる可能性がある
ということは頭の片隅に入れておきましょう。

最終的には説明が信頼できる病院に絞って
受診するようにした方がいいかもしれません。

まとめ

赤ちゃんが肌荒れを起こしている場合は
まずはどうして肌荒れをしているのか
という原因を探る事が大切です。

自分で原因を見極められない場合は、
病院を受診することをおすすめします。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする