赤ちゃんの手足が冷たいし紫色!これって大丈夫なの?

こんにちは、ワクワクさんです。

生後間もない赤ちゃんの手が冷たくて紫色になっている
時って結構あるみたいですが、
たくさんのママさんが 「大丈夫かしら?」 と心配になっているみたいです。

熱っぽかったり、ミルクをあんまり飲まなかったりで
手も冷たくて紫色になっていると心配してしまいますよね。

そこで、今回はどうして赤ちゃんの手足が冷たくて紫色に
なるのかということについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



赤ちゃんの手足が冷たくて紫色だけど大丈夫なの?

赤ちゃんの手足が冷たくなっていて紫色だと心配してしまいますよね。

手足を温めてあげた方が良いのかなと思ってしまう
ママさんも少なくないようです。

赤ちゃんの体は、まだ体温調整をうまくできないので
周りの気温によって赤ちゃんの体温も変化します。
特に赤ちゃんは皮下脂肪が少ないため寒さに弱いです。

なので、赤ちゃんは寒い時には本能的に体の中心に
熱を集めて寒さをしのごうとします。
すると、手足が冷たくなり、温かい血液が
体の中心にたくさん流れるようになります。

末端に温かい血液を流すのではなく、体の中心に温かい
血液をたくさん流すことで冷えを防ごうとしているのですね。

この時に手足が紫色に見えることがあり、
ママさんを心配させることがありますが、
適正な室温の場合であれば特に問題はありません。

赤ちゃんの手足が冷たくて紫色の時の対処法

赤ちゃんの手足が冷えるのは

体温調整

をするためということなんですが、
体まで冷えてしまっていないかを確認するためには
どのようにすれば良いのでしょうか?

それは、赤ちゃんのお腹を触ってみて
温かいかどうかを確認すれば良いのです。

お腹を触ってみて温かければ手足が冷えていても問題ありません。

ちなみに、赤ちゃんは熱い時でも手足が冷たい時があります。
その場合にお腹を触ってみて汗をかいているようであれば、
赤ちゃんにとって暑いということなので、
室温を下げたり、衣類を減らすなどの対処が必要です。

まとめ

赤ちゃんの手足が冷たくて紫色になっていると
始めは誰でも心配になってしまうと思います。

赤ちゃんが、手足を冷やすことで体を冷えから
守っているなんてスゴイですよね。
体って本当によく出来ているなと思います。

赤ちゃんが暑がっているか寒がっているかを確認する時は
お腹を触ってみると的確に判断することが出来るので、
心配な場合は赤ちゃんのお腹を触ってみて、
暑いのか、寒いのかチェックしてみるようにしてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする