左下腹部の張りや痛み、違和感の原因とは?治し方についても

どうも、ワクワクさんです。

「左下腹部に張りや痛み、違和感があるのですが…」

このような症状に悩まされている方は
とてもたくさんいらっしゃるみたいですね。

私も何度かこのような状態を体験したことがありますが、
原因が分からずとりあえず耐えていたという
記憶がうっすらとですが残っていました(笑)

そこで、今回は左下腹部の張りや痛み、
違和感が起こる原因や治し方について
調べてみたのでご紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



左下腹部の張りや痛み、違和感が起こる原因とは?

左下腹部に張りや痛み、違和感などの不調が
起こってしまうのは何が原因となっているのでしょうか?

もしかしたら、それは「過敏性腸症候群
(かびんせいちょうしょうこうぐん)」が
原因である可能性があります。

過敏性腸症候群になるとどのような症状が起こるのかというと

  • お腹の張り・ガス
  • お腹が鳴る
  • 下痢・便秘
  • 腹痛 など

の腹部に関する異変が引き起こされます。

しかし、これらの症状が起こるにも関わらず、
検査をしても異常が見つからないというのが
過敏性腸症候群の特徴なのです。

つまり、医学的には異変は見つからないけれど、
実際には様々な異変が起こっているという
なんとも不思議な状態なのですが、
現実的には様々な症状に悩まされているので
それらの症状が起こっている原因は
必ずどこかにあるわけですね。

では、その原因とは一体何なのでしょうか?

それはストレスや疲労が原因であると言われています。

ストレスや疲労は自律神経の働きを
狂わせてしまうため、
腸の機能に異常を生じさせてしまうのです。

過敏性腸症候群の治し方

では、過敏性腸症候群を治すにはどうすれば良いのでしょうか?

ここで、過敏性腸症候群の原因を
一度思い出してみましょう。

そうです、ストレスと疲れが原因なので
まずはこれらの要素を取り除くことが大切です。
この2大要素を改善するだけで
体は健康的な状態に近づいていくはずです。

また、食事の栄養バランスを整えたり、
整腸剤を服用するなども
腸の働きを正常に戻すために効果的です。

反対に、消化の悪い食べ物を食べたり、
腸に刺激の強いものを摂ると
腸の働きを低下させてしまうので
できるだけ避けるようにした方が良いでしょう。

まとめ

左下腹部の張りや痛み、違和感が出る原因の
過敏性腸症候群についてご紹介しました。

検査しても異常が見つからないにも関わらず
様々な腹部の異変を引き起こしてしまう
なんとも厄介な病気ですので、
普段からストレスや疲労をためない生活を
心がけるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする