風邪で声がガラガラに…早く治す方法や声が出ない原因について

こんにちは、ワクワクさんです。

風邪をひいてしまうと声がガラガラに
なってしまうことがありますよね。

ガラガラ声だと話づらいし、声を出しにくいので
「早く治したい!」というふうに思うのではないでしょうか?

そこで、今回は風邪で声がガラガラに
なってしまった時に早く声を治す方法や
どうして声がガラガラになってしまうのか
という原因についてご紹介していきます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



風邪で声がガラガラになってしまう原因とは?

風邪をひいてしまうと声がガラガラに
なってしまうことがありますが、
どうして風邪をひくと声がガラガラに
なってしまうのでしょうか?

声は喉の奥にある声帯を
振動させることで発声されていますが、
風邪をひくと原因である菌やウイルスが
喉に感染してしまい「喉風邪」を
発症してしまう場合があります。

喉風邪をひくと声帯が炎症を起こしてしまい
うまく声帯を振動させることが出来なくなり、
あのようなガラガラ声になってしまうのです。

風邪で声がガラガラに…早く治す方法!

さて、風邪をひいて声がガラガラになってしまった場合には
どうすれば早く治すことができるのでしょうか?

これについて知りたいと思っている方はとても多いようです。
そこで今回は誰でもカンタンにできる
ガラガラ声の治し方についてご紹介していきたいとおもいます。

1,声を出さないようにする

声がガラガラになってしまっている原因は
喉が炎症を起こしてしまっている事です。

なので、このような場合にはなるべく声を出さないようにして
喉に負担をかけないようにすると治りが早くなります。

例えば、膝を擦りむいているのに、
そのまま走ってしまったとすると
傷口の治りが遅くなってしまいますよね。
喉もこれと全く同じことがいえます。

2,喉を乾燥させないようにする

乾燥は喉にとって悪影響が大きく、
症状を悪化させてしまう原因になるので、
喉を乾燥させないようにしましょう。

例えば、マスクを着用するとか、
加湿器を付けて湿度をあげるというようにして、
喉を乾燥から守りましょう。

3,体を冷やさないようにする&温める

風邪の治りを早くするために忘れてはいけないのが、
体を冷やさずに温めるようにするということです。

人間の体は細菌やウイルスを倒すために
免疫力というものが備わっていますが、
この免疫力は体温が高くなると
強力な力を発揮することができるようになっています。

ですから、風邪をひくと熱が出ますよね。
これは体の中で免疫力が細菌やウイルスを
倒そうとしているからなのです。

つまり、寒い格好などをしていて体温が
下がってしまうと免疫力が低下し
治りが遅くなってしまうということなのです。
いいかえると、温かい格好をしていれば
免疫力の力が上がって治りが早くなるのです。

4,のど飴やハチミツを舐める

のど飴やハチミツなど喉に良いものを
舐めるというのも対処療法として効果的です。

ただ、舐めすぎてしまうと
逆効果になってしまうので
適度に舐めるようにすることが大切です。

5,水分補給をする

風邪をひくと汗をたくさんかくようになるので
体から水分がたくさん失われやすくなります。

水分が失われていくと脱水症状を起こし、
体の機能が正常に働かなくなり、
風邪の治りも悪くなってしまうので、
そうならないために、
こまめな水分補給をするようにしましょう。

6,病院に行く

風邪をひいた場合にはやはり病院に行くのも効果的です。

「風邪くらいで病院なんてちょっと大げさな気が…」
という方もいるかもしれませんが、
病院で治療を受けたり、薬をもらうえば
当然治りは早くなりますので
病院に行くことができるのであれば、
遠慮無く病院に行った方が
早く治すことができるでしょう。

ちなみに、風邪をひいた場合には
耳鼻咽喉科を受診すると良いとおもいます。

まとめ

今回は風邪で声がガラガラになってしまう原因や
早く治す方法についてご紹介しました。

ガラガラ声を治す方法はたくさんあるので
できることがあればぜひ試してみると良いとおもいます。
「声を出さないようにする」ということであれば
誰でもカンタンに出来ますよね^^

また、早く治さないと困るとか、
症状がヒドイという場合には
病院に行った方が良いとおもいます。

「風邪くらいで病院なんて…」と
思われる方もいるかもしれませんが、
風邪は万病の元と言われるものなので
決して油断して良いというものでもありません。
なので、病院に行くのは普通にOKなんですよ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする