声を低くする3つのボイストレーニング方法!【男女共通】

声の高さは人それぞれですが、
あまりにも高すぎる声だと、
子供っぽく見られてしまったり、
うるさいと言われてしまったりするなど
悩みの種となってしまうことも少くありません。

では、どうすれば声を低くすることができるのでしょうか?

そこで、今回は声を低くするためにおすすめな
3つのボイストレーニング方法について
ご紹介していきたいとおもいます。

声を低くしたいと思った体験談

子供の頃はそこまで声が高いねとは
言われなかったのですが、
社会人になってからというもの
初対面の人に会うと必ず
「声がすごく高いですね~」とか
「かわいらしい声ですね~」と
言われてしまうようになり、
「自分の声ってそんなに高かったんだ…」
とショックを受けてしまいました。

どちらかというとかっこいいタイプの
声に見られたい方だったので、
どうにかして声を低くしたいと思いました。

声が高い原因とは?

声を低くするボイストレーニング方法についてご紹介していく前に、
まず声が高くなっている原因は何なのかについてお話していきたいとおもいます。

声の高低を左右する重要な器官はズバリ「声帯の長さ」です。

声帯が短いと声が高くなり、
声帯が長いと声が低くなるという
『ファントの法則』といわれるものがあるのですが、
つまり、声が高い人は声帯が構造的に
他人と比べて短くなっている人と
いいかえることができるというわけなのです。

ちなみに、身長が低いと声帯が短くなりやすいので
身長が低ければ低い程声が高くなる傾向があります。

ただ、ボイストレーニングによっては
声を低くすることはできますので
声帯が短いからといって低い声が出ない
というわけではありません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



声を低くする3つのボイストレーニング方法

では、声を低くするためにおすすめな
3つのボイストレーニング方法について
ご紹介していきます。

1,ポルタメント

ポルタメントは音階を滑らかに
変えていくという意味なのですが、
つまりは高い声から低い声に
音階を変えていくということになります。

ポルタメントを練習することで
低い声を出せるようになっていくので
声を低くしたい場合にはおすすめの
ボイストレーニング方法になります。

また、ポルタメントの具体的なやり方について
解説しておきますので、
参考にしてやってみてくださいね。

  1. 頭を少し前に倒し、舌先が下の歯の裏側に付くようにする
  2. あばら骨の1番下の骨の下側の横隔膜に手を当てる
  3. 息を大きく吸い込み高い声から低い声にポルタメントする

ちなみに横隔膜に手を当てるのは
しっかりと横隔膜を使って声を出せているかを
確認するために行います。

ですから、声を出している時に横隔膜に当てている
手に動いている感覚が少ない場合には
しっかりと横隔膜を使って声を出せるように
意識するようにしましょう。

2,舌の位置を後ろにずらす

舌の位置を変えると声の高さが変わる事を知っていますか?

舌の位置を後ろ側にずらすと、声が低くなり、
舌の位置を前にずらすと、声が高くなります。

つまり、低い声を出したい時には
下の位置を後ろ側にずらしてから
声をだすようにすれば、
自然な感じで低い声を出すことができるのです。

もちろん、無意識に使えるようになるまでには
しばらく練習をしなければなりません。

3,声を録音する

自分の声を耳で聞いた場合には
実はストレートに伝わった声ではなくなっているので、
本当の自分の声とはかけ離れた音になっています。

これは実際に声を録音して聞いてみると
ビックリすると思いますので
ぜひスマホのアプリなどを使って
自分の声を録音して聞いてみてください。

そして、理想とするような低い声になるように
声を変えながら録音してチェックするのを
繰り返していきます。

そして、理想的な低い声が録音できたら、
ひたすらその低い声を出す練習をしていきましょう。

まとめ

今回は声を低くする3つのボイストレーニング方法
についてご紹介しました。

男性も女性も声が高すぎると
デメリットになってしまったという場合が
出てきてしまう可能性もありますので、
気になるようであれば今回ご紹介した
ボイストレーニング方法を実践して
低い声を出せるようにしておきましょう。

もちろん、1日2日練習しただけでは
低い声を定着させることが難しいので
最低でも1ヶ月は意識して毎日
ボイストレーニングを行うことが大切です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする