お腹がギュルギュル鳴って痛い原因!対処はどうすればいい?

こんにちは、ワクワクさんです。

「お腹がギュルギュル鳴って痛いんですが、
何が原因でどうすれば良いのでしょうか?」

というようなことを知りたいと
思っている方は多いみたいですね。

そこで、今回はお腹が減っている
わけでもないのにお腹がギュルギュル鳴って
痛くなってしまう原因や対処方法について
ご紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



お腹がギュルギュル鳴って痛くなる原因とは?

お腹が減っていると「ギュルギュル~」とか
「グルグル~」とか「ぐうぅぅ~」と鳴りますが、
これとは別で、お腹が減っているわけではないにも関わらず、
お腹がギュルギュル鳴って痛くなってしまう
という事もありますよね。

ですが、どうしてこのような事が起こってしまうのでしょうか?

その原因として考えられるのは
「過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)」です。

過敏性腸症候群とはどんな病気かというと、
腸の検査をしても異常は見つからないにも関わらず、
様々な異常症状が起こってしまうというものです。

しかし、この過敏性腸症候群が起こる原因と
いわれているのはストレスです。

「あなたは今ストレスを感じていませんか?」
もしストレスを感じていたとしたら、
過敏性腸症候群の可能性を疑ってみた方が良いでしょう。

過敏性腸症候群の対処方法

さて、過敏性腸症候群になってしまった場合には
どのような対処方法を試みれば良いのでしょうか?

まず、過敏性腸症候群の原因といわれているのは
ストレスですので、ストレスを解消したり、
ストレスの原因となっているものを
なくしていくことが大切です。

あなたがリラックスできることをしたりして
ストレスフリーな時間を少しでも作るようにしましょう。

また、

  • 熱い・冷たい・辛い食べ物、飲み物
  • 消化吸収が遅い食べ物
  • カフェイン・アルコール など

腸に負担や刺激となるものを
できるだけとらないようにすることが大切です。

過敏性腸症候群は一時的な症状なので
時間が経つと自然と治ってしまうことがほとんどですが、
お腹を冷やさないようにしたり、
市販されている整腸剤などを飲むのも効果的です。

ですがもし、なかなか症状がよくならない
というような場合には一度病院で
診てもらった方が良いかもしれません。

まとめ

お腹が減っているわけでもないのに
お腹がギュルギュル鳴って痛い場合には
過敏性腸症候群という可能性があることについてご紹介しました。

胃腸が弱いという場合にはもしかしたら
過敏性腸症候群が原因である可能性もありますが、
その過敏性腸症候群の原因はストレスなので
ストレスと上手く付き合うスキルを身に付けたり、
ストレスとなっている原因を排除していくことが
根本的な解決には必要になる場合があります。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする