新生児のお腹がパンパンに張って固い!ガス抜きのやり方!

「新生児のお腹がパンパンに張って固いんですが、
これって普通のことなんでしょうか?」

ということで、新生児のお腹が張って
固くなっている感じが気になっている
ママさんも多いみたいです。

そこで、今回は新生児のお腹が張って
固くなっている理由や対処法について
ご紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



新生児のお腹がパンパンに張って固くなった体験談

生後三週間の赤ちゃんなのですが、
なんだかお腹がパンパンに張って固く
なっていたんです。

寝かすときにうなったりするし、
なんとなく苦しそうな感じだったので、
これって大丈夫なのかな?って
ちょっと心配になったんです。

そこで、先輩ママさんに相談してみることに。

すると、新生児のお腹は大抵張っているのだそうですが、
あまりにも張っていたり苦しそうにしている時は
ガスが溜まっている可能性があるから
ガス抜きをしてあげると楽になるよ!
と言われました。

早速教えてもらった通りガス抜きを
してあげたところ「プシュ~」とガスが抜けて
赤ちゃんもスッキリした表情になりました。

新生児のお腹がパンパンに張って固くなる原因

さて、赤ちゃんのお腹がパンパンに張って
固くなっている時にはどのような
原因が考えられるのでしょうか?

1,ガスやうんちがたまっている

赤ちゃんのお腹が張って固くなっている
場合に考えられるのがガスやうんちが
たまってしまっているという事です。

ゲップやおならはしっかりでていますか?
固いうんちがたまっている感じはありませんか?

赤ちゃんは空気をたくさん
飲み込んでも上手くゲップが出なかったり、
腹圧が弱いのでうんちが出せなかったり
ということがあります。

もし、ガスやうんちが溜まっているような場合には
ガス抜きをしてあげましょう。

■ガス抜きのやり方

・使うもの:綿棒、オリーブオイル

・手順

  1. 綿棒にオリーブオイルを塗ります
  2. その綿棒を赤ちゃんの肛門に2センチ程入れます
  3. ゆっくり時計回りに肛門が開くように動かします

2,飲み過ぎ

赤ちゃんがたくさんミルクを飲んでいませんか?

もし、たくさんミルクを飲んでいるなら
それが原因でお腹が張って固くなっている
可能性も考えられます。

というのも、生後3ヶ月くらいまでは
赤ちゃんの満腹中枢が未発達なので、
どれだけたくさんのミルクを飲んでも
お腹がいっぱいになったと感じず
いくらでも飲んでしまう可能性があるのです。

なので、赤ちゃんがミルクを飲んだ後、
苦しそうにしていたり、吐いたり、
泣いたりという場合には飲み過ぎの
可能性を疑ってみましょう。

飲み過ぎの場合は、
ミルクを飲ませる量を減らしたり、
間隔を開けるなどで対策するようにしましょう。

まとめ

今回は新生児のお腹がパンパンに張って
固くなる原因や対処法についてご紹介しました。

赤ちゃんはガスやうんちを出させてあげることや、
ミルクを飲ませる量を適量に調節してあげる
ことがとても大切です。

個人差はありますがだいたい
生後3ヶ月目を過ぎてくると
赤ちゃんもゲップやうんちが
ちゃんとできるようになり、
満腹中枢も働くようになってきますよ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする